第148回日商簿記検定2級 第4問(単純個別原価計算)の過去問分析

第4問 単純個別原価計算の仕訳問題。ケアレスミスに気をつけてください!

第4問の難度アンケート結果

 第4問は【単純個別原価計算】に関する問題でした。

 (3)の外注加工費(直接経費)の処理や(4)の直接労務費の処理などには少し注意が必要ですが、きちんと勉強してれば20点満点が狙える簡単な仕訳問題です。

 受験生アンケートでも、約80%の方が「かなり簡単だった」「やや簡単だった」と回答しています。

(1)の仕訳

解答仕訳
(借)仕掛品 1,536,000 ※1
 (貸)材料 1,536,000

※1 (20台+26台+18台)×@24,000円=1,536,000円

 問題資料1で与えられている直接材料消費量に、予定消費単価(@24,000円)を乗じて当月分の直接材料費の金額を計算します。

(2)の仕訳

解答仕訳
(借)仕掛品 405,000 ※2
 (貸)製造間接費 405,000

※2 (460時間+610時間+280時間)×@300円=405,000円

 問題資料1で与えられている直接作業時間に、予定配賦率(@300円)を乗じて当月分の製造間接費の金額を計算します。

 なお、予定配賦率は問題資料2の年間製造間接費予算額(5,040,000円)と、問題資料3の年間予定直接作業時間(16,800時間)を使って計算しましょう。

製造間接費の予定配賦率=5,040,000円÷16,800時間=@300円

(3)の仕訳

解答仕訳
(借)仕掛品 186,000
 (貸)現金 186,000

 外注加工費は直接経費なので、仕掛品で処理します。

 外注加工費に関しては、外注加工費勘定を経由したうえで仕掛品に振り替える方法も考えられますが、問題に列挙されている勘定科目の中に外注加工費がないので、外注加工費を経由せずにそのまま仕掛品で処理すると判断します。

参考:外注加工費勘定を経由したうえで仕掛品に振り替える仕訳
(借)外注加工費 186,000
 (貸)現金 186,000
(借)仕掛品 186,000
 (貸)外注加工費 186,000

(4)の仕訳

解答仕訳
(借)製品 1,262,000 ※3
 (貸)仕掛品 1,262,000

※3 480,000円+644,000円+138,000円=1,262,000円

 #180201の完成品原価を計算するさいには、直接労務費(460時間×@1,400円)を考慮し忘れないように気をつけましょう。私は危うく忘れそうになりました…。

  • 直接材料費:20台×@24,000円=480,000円
  • 直接労務費:460時間×@1,400円=644,000円
  • 製造間接費:460時間×@300円=138,000円
    • 完成品原価:480,000円+644,000円+138,000円=1,262,000円

(5)の仕訳

解答仕訳
(借)原価差異 17,000 ※4
 (貸)製造間接費 17,000

※4 (460時間+610時間+280時間)×@300円-422,000円=▲17,000円(不利差異)

 予定配賦額と実際発生額との差額17,000円を原価差異に振り替えます。

 原価差異が借方なのか貸方なのか分からない場合は、以下のように勘定の流れを書いて判断すると分かりやすいです。参考までにご確認ください。

  • 予定配賦額:405,000円(2の仕訳より)
  • 実際発生額:422,000円(問題資料4より)
    • 差額:405,000円-422,000円=▲17,000円(借方差異)
勘定の流れ
勘定の流れ


ページの先頭へ