第144回・日商簿記検定2級 第1問(仕訳問題)の過去問分析

第1問 今回の仕訳問題はかなり難しい!12点取れれば御の字です。

第1問の難度アンケート結果

 第1問は今回も【仕訳問題】でしたが、問1・問4・問5が難しく、問2・問3もうっかりしていると間違えてしまう油断できない問題でした。

 しかも、問題に列挙されている勘定科目の数が多く、配置もバラバラになっているため解答しづらかったと思います。内容だけでなく勘定科目でひっかけてやろうという作問者の意図がミエミエです。

 受験生アンケートでも約80%の方が「やや難しかった」「かなり難しかった」と回答しており、20点中12点(5問中3問)取れれば御の字の問題だったと思います。

問1 ソフトウェア

模範解答
(借)ソフトウェア 30,000,000
 (貸)ソフトウェア仮勘定 30,000,000
(借)未払金 10,000,000
 (貸)普通預金 10,000,000

 ソフトウェアに関する問題です。

 問題文の「社内利用目的のソフトウェアの開発を外部に依頼し、3回均等分割支払いの条件で契約総額 ¥ 30,000,000 の全額を未払い計上し、2回分をすでに支払っていた」から、以前に以下のような仕訳を切っていたことが分かります。

参考1・契約時の仕訳
(借)ソフトウェア仮勘定 30,000,000
 (貸)未払金 30,000,000
参考2・1回目の支払時の仕訳
(借)未払金 10,000,000 ※1
 (貸)普通預金など 10,000,000
参考3・2回目の支払時の仕訳
(借)未払金 10,000,000 ※1
 (貸)普通預金など 10,000,000

※1 30,000,000円÷3回=10,000,000円

 参考1の仕訳に出てくるソフトウェア仮勘定はあまり見かけない勘定ですが、考え方・使い方は建設仮勘定と同じです。作っている間は仮勘定で処理しておいて、完成後に使い始めたタイミングでソフトウェアに振り替えます。

 上記の3本の仕訳を踏まえたうえで、解答仕訳を考えましょう。使用開始にともない、ソフトウェア仮勘定をソフトウェアに振り替えるとともに、未払金の残額10,000,000円を普通預金で支払います。

問2 固定資産の売却

模範解答
(借)当座預金 24,000,000 ※2
(借)営業外受取手形 16,000,000 ※3
 (貸)土地 24,000,000
 (貸)土地売却益 16,000,000 ※4

※2 40,000,000円×60%=24,000,000円

※3 40,000,000円×40%=16,000,000円

※4 40,000,000円-24,000,000円=16,000,000円

 固定資産の売却に関する問題です。

 本問は、「6か月後を支払期日とする手形」を受取手形ではなく営業外受取手形で処理できたか、また、土地の売却益を固定資産売却益ではなく土地売却益できちんと処理できたか、の2点がポイントです。

 他の問題の難しさを考えますと、本問は確実に4点を取りたい問題です。

問3 クレジット売掛金・消費税

模範解答
(借)クレジット売掛金 312,000 ※7
(借)支払手数料 12,000 ※5
 (貸)売上 300,000
 (貸)仮受消費税 24,000 ※6

※5 300,000円×4%=12,000円

※6 300,000円×8%=24,000円

※7 300,000円+24,000円-12,000円=312,000円(貸借差額)

 クレジット売掛金と消費税に関する問題です。

 本問はまず、「商品 ¥ 300,000 をクレジット払いの条件で顧客に販売し」から、貸方の売上の金額が300,000円になると判断します。

 次に、「消費税の税率は販売代金に対して8%」から、貸方の仮受消費税の金額が24,000円(=300,000円×8%)になると判断します。

 さらに、「信販会社へのクレジット手数料(販売代金の4%)を販売時に認識した」から、借方の支払手数料の金額が12,000円(=300,000円×4%)になると判断します。

 最後に、貸借差額312,000円(=300,000円+24,000円-12,000円)をクレジット売掛金勘定で処理します。

問4 運賃の支払い

模範解答
(借)発送費 3,600,000
 (貸)未払金 3,600,000
(借)仕入 1,200,000
 (貸)買掛金 1,200,000
別解
(借)発送費 3,600,000
(借)仕入 1,200,000
 (貸)未払金 4,800,000

 運賃の支払いに関する問題です。

 当社が負担すべき発送運賃3,600,000円については発送費&未払金で処理するだけなので特に問題ないと思いますが、商品の購入に関する引取運賃1,200,000円の未払分については一部、模範解答が割れているようです。

  • 買掛金のみOK:TAC、大原、クレアール、大栄
  • 未払金のみOK:LEC
  • どちらでもOK:ネットスクール

 私は、作問者が「商品の購入に関する引取運賃→仕入勘定で処理する→仕入の未払いは買掛金」というイメージで出題したと考え買掛金で処理しましたが、実務的には運送業者への未払いは未払金勘定で処理することが多いです。

 どちらで処理しても間違っているとはいえないため、簿記検定ナビでは買掛金のほうを模範解答としつつ、未払金のほうも別解としてご紹介いたします。

問5 有価証券の購入

模範解答
(借)子会社株式 29,000,000
 (貸)その他有価証券 4,000,000
 (貸)普通預金 25,000,000

 有価証券の購入に関する問題です。

 本問はまず、問題文の「取引先の発行済株式の10%を取得価額 ¥ 4,000,000 で所有していた」から、以前に以下のような仕訳を切っていたことが分かります。

参考仕訳
(借)その他有価証券 4,000,000
 (貸)現金など 4,000,000

 10%を取得した時点では、売買目的でも満期保有目的でも支配目的でもないので、その他有価証券で処理します。「有価証券」や「子会社株式」で処理しないように気をつけましょう。

 次に、上記の仕訳を踏まえたうえで、問題文の「追加で50%を取得し取引先に対する支配を獲得」という処理を考えましょう。

 追加で50%取得したことにより、取引先を支配下に置くことになるので、その他有価証券を子会社株式に振り替えるとともに、追加購入分25,000,000円を子会社株式で処理します。



簿記オフ会のおしらせ
簿記オフ会

 2019年10月26日(土)の夜(18時~)と10月27日(日)の昼(13時~)から東京・渋谷で簿記検定ナビ主催の簿記オフ会を開催いたします。現在参加者募集中です!

 みんなで楽しく気分転換&情報交換しませんか?人見知りする方も管理人がなるべくフォローしますので、ぜひぜひご参加ください!

簿記教材の割引キャンペーン情報
CyberBookStore

 資格の学校TACの直販サイトでは、TAC出版の簿記教材を割引価格(定価の10%~20%オフ)&冊数に関係なく送料無料で購入することができます。

簿記検定ナビの人気コンテンツ

ページの先頭へ