日商簿記検定3級 第143回総評(過去問分析)

第1問 5問とも簡単な過去問類似問題。20点満点を取らなければいけません!

第1問の難度アンケート結果

 第1問は今回も【仕訳問題】でした。5問とも過去問類似問題だったので、過去問対策をきちんとしていれば最低でも16点は取れたと思います。

 受験生アンケートでも90%以上の方が「かなり簡単だった」「やや簡単だった」と回答しています。

第2問 超簡単な「補助簿の選択」の問題。絶対に10点満点を取ってください!

第2問の難度アンケート結果

 第2問は【帳簿組織】に関する問題でした。本試験のオリジナル予想問題「簿記ナビ模試」でもガッツリ出題した論点で、しかもひっかけの定番である売上戻り・売上値引の処理もなかったので、きちんと対策していた方にとってはボーナス問題になったと思います。

 受験生アンケートでも、90%以上の方が「かなり簡単だった」「やや簡単だった」と回答しており、問1同様、短時間で満点を取りたい問題です。

第3問 問題資料の6つの勘定を有効活用して、効率よく問題を解きましょう!

第3問の難度アンケート結果

 第3問は予想通り【試算表作成問題】でした…が、問題資料の与え方があまりみかけない形だったので、面食らって手が止まってしまった受験生も多かったようです。

 ただ、本試験のオリジナル予想問題「簿記ナビ模試」で同じような資料の与え方の問題をたまたま出題していたので、きちんと解いていれば少なくとも半分以上の点数は取れたのではないでしょうか。

 受験生アンケートでは60%以上の方が「かなり難しかった」と回答していますが、合格するためには最低でも6割以上(30点満点中18点以上)は取らなければいけない問題です。

第4問 3伝票制の伝票会計の仕訳問題!前回試験と同じく超簡単です。

第4問の難度アンケート結果

 第4問は【伝票会計】に関する問題でした。取引全体の仕訳を書きだしたうえで3伝票制の各伝票の空欄を埋める簡単な問題で、受験生アンケートでも80%近くの方が「かなり簡単だった」「やや簡単だった」と回答しています。

第5問 売上原価算定の仕訳は「うくうしくう」という語呂で覚えましょう!

第5問の難度アンケート結果

 第5問は、簡単な【精算表作成問題】でした。売上原価を売上原価の行で計算する処理が少し難しかったかもしれませんが、それ以外は難度・ボリュームともに平均レベル以下でした。

 その売上原価の処理に関しても、本試験のオリジナル予想問題「簿記ナビ模試」で、売上原価の行で計算する精算表作成問題をバッチリ出題していたので、簿記ナビ模試を解いていた方にとってはボーナス問題だったと思います。

 受験生アンケートでは約半数の方が「普通ぐらいだった」と回答していますが、合格するためには短い解答時間で最低でも24点(約8割)は取らなければいけない問題です。

まとめ

全体的な難度に関するアンケート結果

 第143回日商簿記検定3級は、第3問がやや難しかったものの、それ以外の4問は難度・ボリュームともに平均以下だったので、問題演習をきちんとやっていた受験生が順当に合格できる試験だったと思います。

 受験生アンケートでは「やや難しかった」という回答が一番多く、コメント欄も第3問に関するものばかりだったので、第3問でどれだけ部分点を積み上げられたかが合否を分けるポイントになったようです。

 なお、この総評を書いている時点(6/29)で判明している合格率は34.5%です。過去10年の平均合格率(約40%)よりはやや低いものの、前々回(26.1%)、前回(26.6%)よりは高い数字になりそうです。

  • 受験生アンケートのコメント欄から一部を抜粋しました。
    • のぶこ:3問の推定問題は試験で初めて見たため、解答方法が初めは見当がつかず時間をロスした。
    • えりー:第3問は後回しにして、それ以外の問題でしっかり得点できました。奇問難問でも、あきらめずに部分点を獲得するのが大事だなと実感しました。
    • 受かりたい:3問目にやられました。部分点に期待ですが、他でももし失点していたらかなりやばいと思い不安です。
    • ボブ:第3問は、最初は戸惑いましたが、簿記の基礎が理解できていれば解答できる問題だと思います。ネットでは批判的なコメントが多いですが、私は良問だと思います。
    • みか:第3問が見た瞬間「??」となりました。が、意外と答案用紙にヒントがあって、パズルだと思って解きました。第1・5問はオーソドックスな問題でした。
    • みき:3問目以外は全部合ってたが3問目が。。。時間が1時間余ったので全部3問目に費やしましたが解けず。。今更解き方がわかりましたがもう遅いです。悔しいです。
    • ちゃこみみ:第3問が過去問にない問題だったのでかなり焦りました。
  • 個人的に残しておきたいナイスなコメントはこちらです。
    • :第3問も第5問も簿記ナビの予想問題の形式が的中してて本当に助かりました。ここで解いてなかったら、何も手をつけられませんでした…ありがとうございます!
    • izumi:簿記ナビ模試は、第2第3問は同じ形式で、第5問「売上原価」、第1問も備品で、予想当たりまくりじゃないですか!おかけで落ち着いて解けました。ほんとに助かりましたーmm。管理人さんすごい予想力ですね。

問題を解く順番について

 日商簿記検定に限らず、資格試験の問題は簡単な問題・自分の得意な問題から優先的に解くのが鉄則です。試験開始の合図とともにすぐに問題を解き始めるのではなく、まず全ての問題をチェックして、簡単な問題・自分の得意な問題から順番に解いてください。

 本問の場合は、短時間で解答できる第1問・第2問・第4問を先に解いてから、ボリュームは大きいものの難度が低い第5問→ボリュームが大きくかつ難度の高い第3問の順番に解くことをおすすめします。私も実際に第1問→第2問→第4問→第5問→第3問の順番で解きました。

第144回試験の対策について

 第1問の仕訳問題に関しては、今までと同じように過去問類似問題をベースとした出題が予想されますが、1問か2問は難度の高い問題が出題される可能性も十分に考えられます。

 このような問題が出題された場合は、問題で列挙されている勘定科目をヒントにして解答仕訳を考えるしかありませんが、問題にはまって解答時間を浪費し過ぎないように気をつけてください。

 また、第3問は試算表作成問題が鉄板ですが、今回よりも難度の高い&分量の多い問題が出題される可能性は十分にあります。過去問や予想問題を何度も回して処理スピードのアップを図っておきましょう。

 第5問に関しては、今回は精算表作成問題が出題されましたが、最近の出題傾向を勘案すると今後は精算表作成問題よりも財務諸表作成問題の出題がメインになりそうです。

 よって、第144回では財務諸表作成問題が出題される可能性が高いので、第138回試験第141回試験第142回試験の過去問や予想問題等を使ってきちんと対策しておきましょう。



ページの先頭へ