第143回・日商簿記検定3級 第1問(仕訳問題)の過去問分析

第1問 5問とも簡単な過去問類似問題。20点満点を取らなければいけません!

第1問の難度アンケート結果

 第1問は今回も【仕訳問題】でした。5問とも過去問類似問題だったので、過去問対策をきちんとしていれば最低でも16点は取れたと思います。

 受験生アンケートでも90%以上の方が「かなり簡単だった」「やや簡単だった」と回答しています。

問1 有価証券の購入

模範解答
(借)有価証券 180,000
 (貸)現金 180,000

 有価証券の購入に関する問題です。有価証券を購入した場合は、取得原価に付随費用(取得に伴い発生した費用)を含めて資産計上します。

 本問は、付随費用が発生していないので購入代価がそのまま取得原価になります。

有価証券の取得原価=購入代価+付随費用=@180円×1,000株+0円=180,000円

問2 仕入取引・前払金

模範解答
(借)仕入 203,000
 (貸)前払金 40,000
 (貸)買掛金 160,000
 (貸)現金 3,000

 仕入取引・前払金に関する問題です。この問題は【前払金に関する仕訳】【買掛金に関する仕訳】【送料に関する仕訳】に分けて考えると分かりやすいです。

前払金に関する仕訳

 問題文に「商品代金のうち20%は手付金としてあらかじめ支払済みであるため相殺し」とあるので、手付金支払時の仕訳を考えたうえで解答仕訳を導き出すと分かりやすいです。

手付金の金額=200,000円×20%=40,000円

手付金支払時の仕訳(既に切られた仕訳)
(借)前払金 40,000
 (貸)現金など 40,000
解答仕訳①
(借)仕入 40,000
 (貸)前払金 40,000

買掛金に関する仕訳

 問題文に「残額は掛けとした」とあるので、残額の160,000円(=200,000円-40,000円)を通常の掛け仕入として処理するだけです。

解答仕訳②
(借)仕入 160,000
 (貸)買掛金 160,000

送料に関する仕訳

 送料や引取運賃などの付随費用は、商品を仕入れるさいに不可避的に発生する費用なので、仕訳を切るさいは仕入勘定に含めて処理します。

購入代価(200,000円)+付随費用(3,000円)=商品の仕入原価(203,000円)

解答仕訳③
(借)仕入 3,000
 (貸)現金 3,000

 上記の①②③の仕訳をまとめると解答の仕訳になります。

問3 売掛金の回収

模範解答
(借)当座預金 299,600
(借)支払手数料 400
 (貸)売掛金 300,000

 売掛金の回収に関する非常に簡単な問題です。

 掛け代金から振込手数料を差し引いた残額299,600円(=300,000円-400円)を当座預金の増加として処理し、振込手数料400円を支払手数料として費用処理します。

問4 固定資産の購入・未払金

模範解答
(借)備品 560,000
 (貸)当座預金 260,000
 (貸)未払金 300,000

 固定資産の購入・未払金に関する問題です。この問題のポイントはズバリ「購入原価=購入代価+付随費用」ということが分かっているかどうかです。

 備品に限らず、建物や車両、土地などの固定資産を購入したさいに、不可避的に発生した費用(付随費用)は購入原価に含めて計算するので、本問の「搬入設置費用 ¥ 20,000 」も購入原価に含めて処理します。

購入代価=540,000円

付随費用(搬入設置費用)=20,000円

購入原価=購入代価540,000円+付随費用20,000円=560,000円

 なお、商品売買取引以外で発生した未払債務300,000円(=560,000円-260,000円)については、買掛金勘定ではなく未払金勘定で処理します。

  • 商品売買取引に伴い発生した未収債権・未払債務 → 売掛金・買掛金
  • 商品売買取引以外で発生した未収債権・未払債務 → 未収入金・未払金

問5 所得税の源泉徴収

模範解答
(借)所得税預り金 94,000
 (貸)現金 94,000

 所得税の源泉徴収に関する問題です。会社が源泉徴収した所得税は、原則として徴収した日の翌月10日までに納付しなければなりません。

 ただし、給与の支給人員が常時10人未満で、源泉所得税の納期の特例の承認を受けている場合は、半年分ずつまとめて納付することができます。

  • 1月から6月までに源泉徴収した所得税:7月10日までに納付
  • 7月から12月までに源泉徴収した所得税:翌年1月20日までに納付

 今回はこの特例に関する問題ですが、適用要件の人数や納付期限は税法の世界のお話しなので覚える必要はありません。源泉徴収時に計上した所得税預り金勘定と現金勘定を使って処理することが分かればOKです。

給料支払時の仕訳 ※便宜的に6か月分をまとめた仕訳
(借)給料 *****
 (貸)普通預金など *****
 (貸)所得税預り金 94,000
解答仕訳
(借)所得税預り金 94,000
 (貸)現金 94,000


ページの先頭へ