第138回・日商簿記検定2級 第5問(単純総合原価計算)の過去問分析

第5問 超簡単な単純総合原価計算の問題!絶対に20点満点を取りましょう!

第5問の難度アンケート結果

 第5問は【単純総合原価計算】に関する問題でした。BOX図を書いて機械的に計算するだけの簡単な問題なので、合格するためには絶対に20点満点を取らなければいけません。

 受験生アンケートでも、約80%の方が「かなり簡単だった」と回答しています。

問1 正常減損が終点発生&完成品のみ負担

正常減損が終点発生&完成品のみ負担
正常減損が終点発生&完成品のみ負担

 正常減損が工程の終点で発生した場合、正常減損費を完成品のみに負担させます。具体的には、正常減損分を完成品に含めやうえで、製造原価を完成品と月末仕掛品に按分します。

  • 完成品の原料費:(1,600,000円+7,520,000円)×3,200kg/(3,200kg+800kg)=7,296,000円
  • 完成品の加工費:(749,500円+7,573,700円)×3,200kg/(3,200kg+400kg)=7,398,400円
  • 完成品原価:7,296,000円+7,398,400円=14,694,400円
  • 月末仕掛品の原料費:(1,600,000円+7,520,000円)×800kg/(3,200kg+800kg)=1,824,000円
  • 月末仕掛品の加工費:(749,500円+7,573,700円)×400kg/(3,200kg+400kg)=924,800円
  • 月末仕掛品原価:1,824,000円+924,800円=2,748,800円

問2 正常減損が途中発生&両者負担

正常減損が途中発生&両者負担
正常減損が途中発生&両者負担

 正常減損が工程の途中で発生した場合、正常減損費を完成品と月末仕掛品の両者に負担させます。具体的には、正常減損分を無視して(無いものと考えて)、製造原価を完成品と月末仕掛品に按分します。

  • 完成品の原料費:(1,600,000円+7,520,000円)×3,000kg/(3,000kg+800kg)=7,200,000円
  • 完成品の加工費:(749,500円+7,573,700円)×3,000kg/(3,000kg+400kg)=7,344,000円
  • 完成品原価:7,200,000円+7,344,000円=14,544,000円
  • 月末仕掛品の原料費:(1,600,000円+7,520,000円)×800kg/(3,000kg+800kg)=1,920,000円
  • 月末仕掛品の加工費:(749,500円+7,573,700円)×400kg/(3,000kg+400kg)=979,200円
  • 月末仕掛品原価:1,920,000円+979,200円=2,899,200円


ページの先頭へ