第136回・日商簿記検定2級 第4問(費目別計算)の過去問分析

第4問 費目別計算の仕訳問題。指定された勘定科目を使って解答しましょう!

第4問の難度アンケート結果

 第4問は【費目別計算】の仕訳問題でした。工場消耗品や材料副費、製造間接費差異の処理が少し難しかったかもしれませんが、難度的には普通レベルの問題だと思います。

 それでは早速、仕訳を考えていきますが、本問のように勘定科目が指定されている問題では、指定されていない勘定科目で解答した時点で即不正解になるので、解答時には勘定科目のチェックを忘れないように気をつけてください。

(1)材料の購入

 借方に計上する材料勘定の金額は、素材と工場消耗品の購入代価に、材料副費(材料の購入時に発生する付随費用)を加えて算定します。

解答仕訳
(借)材料 853,200
 (貸)買掛金 790,000
 (貸)材料副費 63,200

 勘定の流れは以下のような形になります。工業簿記は、常に勘定の流れを意識すると力がつくので、復習の際は実際に自分で書いて確かめてみてください。

第4問・勘定の流れ1
第4問・勘定の流れ1

(2)材料副費の処理

 予定配賦した金額(63,200円)と、実際発生額(80,000円)との差額を16,800円を、材料副費差異勘定に振り替えます。

解答仕訳
(借)材料副費差異 16,800
 (貸)材料副費 16,800
第4問・勘定の流れ2
第4問・勘定の流れ2

(3)労務費の計上

 直接工の作業時間・手待時間に予定賃率(@1,200円)を掛けて金額を算定するだけです。

  • 直接労務費:906時間×@1,200円=1,087,200円(→仕掛品勘定へ)
  • 間接労務費:(20時間+10時間)×@1,200円=36,000円(→製造間接費勘定へ)
解答仕訳
(借)仕掛品 1,087,200
(借)製造間接費 36,000
 (貸)賃金・給料 1,123,200

(4)製造間接費の予定配賦

 まず予定配賦率を計算し、それに実際直接作業時間を掛けて予定配賦額を算定します。

  • 予定配賦率:40,608,000÷11,280時間=@3,600円
  • 予定配賦額:@3,600円×906時間=3,261,600円
解答仕訳
(借)仕掛品 3,261,600
 (貸)製造間接費 3,261,600

(5)製造間接費差異の処理

 製造間接費の差異分析といえば、毎度おなじみの公式法変動予算のシュラッター図…といきたいところですが、本問は製造間接費が変動費と固定費に分けられていないので、固定予算のシュラッター図を使って予算差異と操業度祭を算定します。

固定予算のシュラッター図
固定予算のシュラッター図
  • 予算差異(予算許容額-実際発生額)=40,608,000円÷12か月-3,328,000円=56,000円(貸方差異)
  • 操業度差異(予定配賦額-予算許容額)=@3,600円×906時間-40,608,000円÷12か月=122,400円(借方差異)
解答仕訳
(借)製造間接費 56,000
 (貸)予算差異 56,000
(借)操業度差異 122,400
 (貸)製造間接費 122,400

または

別解(借方と貸方の製造間接費はまとめてもOK)
(借)操業度差異 122,400
 (貸)予算差異 56,000
 (貸)製造間接費 66,400


ページの先頭へ