第136回・日商簿記検定2級 第3問(本支店会計)の過去問分析

第3問 とっても簡単な本支店会計の問題。満点を取らなきゃいけません!

第3問の難度アンケート結果

 第3問は【本支店会計】に関する問題でした。典型的な過去問類似問題で、しかも簡単かつ量も少なめだったので、下書きを定型化して機械的に処理できる人にとってはボーナス問題になったと思います。

 受験生アンケートでも、7割近くの方が「かなり簡単だった」と回答されています。

 日商簿記検定2級で出題される本支店会計の問題は、下書きを定型化して数字を当てはめていくという作業だけで高得点を狙えます。下に管理人が問題を解く際に実際に書いた下書きを載せておきますので、本支店会計が苦手な方は参考にして問題を解いてみてください。

第3問・本支店会計の下書き
第3問・本支店会計の下書き

1.下書き用紙に4つの勘定を書く

 それでは早速、下書きの作成手順を簡単に説明していきます。まず本店の「支店」「支店へ売上」勘定と、支店の「本店」「本店より仕入」勘定の4つを下書き用紙に書きます。そのうえで、資料1の残高試算表から各勘定の金額をひっぱってきましょう。

第3問・本支店会計の下書き(ステップ1)
第3問・本支店会計の下書き(ステップ1)

2.未達事項を処理する

 次に、「本店」と「支店」、「支店へ売上」と「本店より仕入」の各勘定の残高を一致させるために、資料2の未達事項を処理します。

 具体的には…頭のなかで仕訳をイメージして、「支店勘定」「支店へ売上」「本店勘定」「本店より仕入」勘定の4つについては下書き用紙に設定した勘定に、その他の勘定科目については資料1の残高試算表に加減する形で記入していきます。

第3問・本支店会計の下書き(ステップ2)
第3問・本支店会計の下書き(ステップ2)

3.商品BOXを使って商品の流れを把握する

 その後、商品BOXを使って本店と支店の商品の流れを把握します。商品BOXの書き方については上記のように本店と支店を1つにまとめて書いてもいいですし、第125回の過去問分析ページで紹介している下書きのように、本店と支店とに分けて書いてもどちらでも構いません。

 なお、商品BOXについては、金額の分かるところからどんどん埋めていきます。支店の期首・期末の上下にある四角の部分には内部利益の金額を書きます(本問は期首商品に含まれる内部利益はゼロなので「0」と記入します)。

第3問・本支店会計の下書き(ステップ3)
第3問・本支店会計の下書き(ステップ3)

 商品BOX内の金額を全て埋め終わったら、資料3の決算整理事項の処理を行う前に答案用紙の損益計算書の「期首商品棚卸高」「当期商品仕入高」「売上高」「期末商品棚卸高」の金額を書き込んでください。

  • 期首商品棚卸高…1,019,600円+680,000円-0円=1,699,600円
  • 当期商品仕入高…5,857,000円+2,460,000円=8,317,000円
  • 売  上  高…7,199,000円+6,266,000円=13,465,000円
  • 期末商品棚卸高…810,000円+750,000円+172,500円-90,000円=1,642,500円

 「期末商品棚卸高」に関しては、内部利益を控除するのを忘れないように気をつけてください。また、「当期商品仕入高」と「売上高」に関しては、外部仕入高と外部売上高のみを集計し、内部取引(支店売上=本店仕入)を含まない点に気をつけてください。

4.資料Ⅲの期末整理事項を処理する

 以上で商品関係の処理が終わるので、あとは資料3の決算整理事項の処理を行うだけです。

 なお、以下の(1)の売上原価算定の仕訳に関しては、ステップ3の時点ですでに商品関係の金額算定作業が完了しているので、このタイミングで仕訳を考える必要はありません(一応、模範解答として載せているだけです)。

 また、(2)の貸倒引当金の設定に関しては、未達事項(6)の売掛金の回収を考慮する必要があるので、金額算定時には気をつけてください。

参考:決算整理事項

(1)
(借)仕入 1,699,600
 (貸)繰越商品 1,699,600
(借)繰越商品 1,732,500
 (貸)仕入 1,732,500
(2)
(借)貸倒引当金繰入 89,000
 (貸)貸倒引当金 89,000
(3)
(借)減価償却費 314,850
 (貸)建物減価償却累計額 144,000
 (貸)備品減価償却累計額 170,850
(4)
(借)前払運賃 58,000
 (貸)支払運賃 58,000
(借)支払運賃 21,000
 (貸)未払運賃 21,000
(5)
(借)支払利息 4,000
 (貸)未払利息 4,000
(6)
(借)未収手数料 35,000
 (貸)受取手数料 35,000


簿記オフ会のおしらせ
簿記オフ会

 2019年10月26日(土)の夜(18時~)と10月27日(日)の昼(13時~)から東京・渋谷で簿記検定ナビ主催の簿記オフ会を開催いたします。現在参加者募集中です!

 みんなで楽しく気分転換&情報交換しませんか?人見知りする方も管理人がなるべくフォローしますので、ぜひぜひご参加ください!

簿記教材の割引キャンペーン情報
CyberBookStore

 資格の学校TACの直販サイトでは、TAC出版の簿記教材を割引価格(定価の10%~20%オフ)&冊数に関係なく送料無料で購入することができます。

簿記検定ナビの人気コンテンツ

ページの先頭へ