日商簿記検定3級 第119回総評(過去問分析)

第1問 今回もいつも通りの仕訳問題でした!過去問対策は必須です!

 第1問は今回もスタンダードな【仕訳】問題でした。

 問1と問2は特に問題なかったと思います。問3は手形の振出による借入ですので、手形借入金勘定を使って仕訳を切ることになりますが、支払手形や受取手形勘定を使ってしまった方がいらっしゃるかもしれません。問題文の【振り出して~借り入れ】というところがポイントになります。

 問4ですが、もし頭の中がごちゃごちゃになってしまった場合は、なお~に書かれている仕訳を起こしてみるといいと思います。従業員に対して、出張に当たり、旅費を先渡ししていたわけですから、仕訳は「(借)仮払金(貸)現金」になります。

 そして、今回の仕訳で精算することによって仮払金勘定を相殺するわけですから、貸方には仮払金勘定が入ることが簡単に分かるはずです。このように分からなくなってしまった場合は焦らずに、既に切られた仕訳を考えてみるのも有効です。

既に切られていた仕訳
(借)仮払金 *****
 (貸)現金 *****
解答すべき仕訳
(借)旅費交通費 *****
(借)当座預金 *****
 (貸)仮払金 *****

 問5は、土地の取得価額を532,000円と考えることが出来たかどうか、がポイントになります。この問題も問4と同じように、イマイチよく分からない場合は、既に切られた仕訳を考えるといいでしょう。

 購入手数料は、土地の購入に当たって発生した必要経費ですから、土地の取得価額に含めることを忘れないようにしてください。

既に切られていた仕訳
(借)土地 532,000
 (貸)現金など 532,000

第2問 帳簿組織からの出題でした。帳簿組織は、下書きの書き方が大事です!

 第2問は【帳簿組織】からの出題でした。売掛金元帳と売掛金明細票を作成する問題でしたが、特に難しいところはなかったと思います。私が解答する際に、実際に書いた下書きを載せておきますので参考にしていただければ幸いです。

第2問・帳簿組織の下書き
第2問・帳簿組織の下書き

 まず下書き用紙に仕訳を記入していきます。売掛金は【京都商店に対する売掛金】と【神戸商店に対する売掛金】とに分けて記入するのがポイントです。次に自分でT勘定を書いて、数字を埋めていきます。埋め終わったら後は解答用紙に数字を写していくだけです。

 仕訳を頭の中でイメージして、解答用紙に直接記入していく方法のほうが時間的には早いですが、ケアレスミスをしてしまう可能性が高いですし、見直しする際も下書きがないので大変です。

第3問 決算整理前合計試算表を推定させる逆進問題でした!

 第3問は今回も【試算表】の出題でした。今回は問題で決算整理仕訳と繰越試算表が問題で与えられて、決算整理前合計試算表を推定する逆進問題でした。

 売上原価の算定方法がいつもの仕入勘定を使うものではなく、売上原価勘定を使うものだったので、戸惑った方もいらっしゃるかもしれませんが、やっていること自体は同じですので、これを機会に覚えてしまってください。売上と売上原価、繰越商品などは以下のようにボックスを書いてみると分かりやすいと思います。

第3問・試算表作成問題の下書き
第3問・試算表作成問題の下書き

 このような問題で分からなくなってしまった場合ですが、諦めずに問題文や解答用紙を何度も繰り返し読んでください。

 例えば、売買目的有価証券に関する決算整理仕訳ですが、借方にも貸方にも勘定科目がブランクになっています。ここで諦めてしまうのではなく問題文や解答用紙からヒントを探し出すことが大事です。

 本問の場合は、問題文(A)(7)の損益勘定への振替仕訳のところに【有価証券評価益】という勘定がありますので、これを見て「貸方に有価証券評価益を計上したんだな」と判断することが出来ます。

第4問 簡単な勘定記入の問題でしたので、ぜひとも満点取りたいところです!

 第4問は【勘定記入】の問題でした。この問題は【期首の再振替仕訳】と【最後の損益勘定への振替仕訳】が出来たかどうかがポイントになります。帳簿を締め切るためには貸借を一致させなければいけませんので、12月31日時点での貸借差額を損益勘定に振り返る仕訳を切る必要があるのです。仕訳の難度自体は高くありません。

第5問 B/SとP/Lを作成する問題!分量が少ないので、1つ1つ確実に解こう!

 第5問は【精算表】でした。内容自体は特に難しくなかったと思いますが、推定問題でしたので第3問と同様に、【資料に気付くことができたかどうか】がポイントになりました。現金過不足の仕訳はやや難しかったかもしれませんが、現金過不足勘定の相殺時には雑損益を計上することが多いということに気付けた方は正解までたどり着けたと思います。この問題も、商品のボックスを簡単に書いてみると分かりやすいです。

第5問・精算表作成問題の下書き
第5問・精算表作成問題の下書き

まとめ

 最近は、今までに出題されたことのないような形での出題も目立ってきています。このような問題に対する対処法としては【本質的な理解】以外はありませんので、仕訳の形を丸暗記してしまうのではなく、その意味を理解するように心がけて勉強を進めるようにしてください。

 また、今回も過去問と似たような出題がいくつかありました。ある程度、力が付いてきたら過去問を入手して典型論点の問題をこなしておくと合格率が飛躍的に上がると思います。今回、残念ながら不合格だった方も、次の受験前にはぜひ過去問を有効活用して合格を勝ち取ってください。



簿記オフ会のおしらせ
簿記オフ会

 2019年6月15日・22日(土)・30日(日)に、東京・渋谷で簿記検定ナビ主催の簿記オフ会を開催いたします。今回は試験的に「夜の時間帯」と「昼の時間帯」の両方を開催します。

 みんなで楽しくご飯を食べたりお茶を飲みながら、情報交換しませんか?ほとんどの方が1人で参加されますし、人見知りする方も管理人がなるべくフォローしますので、ご都合のよい日にお気軽にご参加ください!

簿記教材の割引キャンペーン情報
CyberBookStore

 資格の学校TACの直販サイトでは、TAC出版の簿記教材を割引価格(定価の10%~20%オフ)&冊数に関係なく送料無料で購入することができます。

簿記検定ナビの人気コンテンツ

ページの先頭へ