日商簿記検定2級 第116回総評(過去問分析)

第116回の問題は「仕訳→帳簿組織→精算表→部門別→標準」でした!

 第1問は今回もスタンダードな【仕訳】問題でした。問3は本支店会計の本店集中計算制度の問題ですが、本問は、【大宮支店の仕訳】【横浜支店の仕訳】【本店の仕訳】と3本に分けて考えると分かりやすいです。

大宮支店の仕訳
(借)本店 130,000
 (貸)現金 130,000
横浜支店の仕訳
(借)広告費 130,000
 (貸)本店 130,000
本店の仕訳(解答)
(借)広告費 130,000
 (貸)大宮支店 130,000
(借)横浜支店 130,000
 (貸)広告費 130,000

 第2問は【帳簿組織】に関する問題でした。問題文で与えられた普通仕訳帳と各特殊仕訳帳から試算表を作成する問題ですが、第111回日商簿記検定 2級総評の第2問の【帳簿組織の下書きの書き方】をお読みいただいた上で、ご自分で下書きを書いてみてください。

 下の画像は私が実際に書いた下書きですので、よろしければ参考にしてください。

第2問・帳簿組織の下書き1
第2問・帳簿組織の下書き1
第2問・帳簿組織の下書き2
第2問・帳簿組織の下書き2

 第3問は【精算表作成】の問題でした。量は少し多目ですが、個々の論点の難度は平均的なレベルですので、満点に近い得点がほしいところです。ケアレスミスに気をつけて問題を解くようにしてください。特にコメントすべきところはありません。


 第4問は【部門別原価計算】からの出題でした。とても簡単ですので満点を取らなければいけない問題です。特にコメントすることはありません。

 第5問は【標準原価計算】からの出題でした。一見、難しいように見えますが、問い方がスタンダードな問題と異なるだけで、聞かれていることは変わりませんので、差異分析のボックスやシュラッター図を下書きに書いて、数字を埋めていくだけです。

 問5などは製造間接費総差異のうち、実際発生額の影響を受けるのは予算差異だけ、ということを知っていれば電卓を叩かなくても解ける問題です。練習段階においては、正解にたどり着けたとただ満足するのではなく、不要な計算は極力省くように気をつけてください。

まとめ

 今回は、全体的なボリュームがやや多目でしたので、時間配分を誤ると途中で時間切れになってしまう可能性があります。

 自分の得意な問題から優先的に解くのは当たり前ですが、それぞれの問題に使える時間を最初の時点で決めておいて、その時間を過ぎてしまったら機械的に次の問題に移るといったテクニックも必要になってきます。

 ひとつの問題に固執してもいいことはありませんので、簡単なところを確実に拾っていくようにしてください。なお、今回の合格率は、29.2%でした。

 また、今回も過去問と似たような出題がいくつかありました。ある程度、力が付いてきたら過去問を入手して典型論点の問題をこなしておくと合格率が飛躍的に上がると思います。今回、残念ながら不合格だった方も、次の受験前にはぜひ過去問を有効活用して合格を勝ち取ってください。



ページの先頭へ