日商簿記検定3級 第114回総評(過去問分析)

第114回の問題は「仕訳→帳簿組織→試算表→伝票会計→精算表」でした!

 第1問は今回も【仕訳】問題でした。

 問2は、資本の引き出しに関する問題でした。保険料勘定で費用処理できるのは店舗部分に限られますので、店主の生命保険料および住居部分に対する火災保険料は資本の引き出しとして処理することになります。ちなみに、本問では引出金勘定の使用が認められていませんので、資本金を減少させる仕訳を切ることになります。

 問4は給料の支払に関する問題です。このような問題は、貸付金の貸し出し時にどのような仕訳を切ったか考えると分かりやすいです。

貸付時に切った仕訳
(借)従業員貸付金 500,000
 (貸)現金など 500,000
今回問われている仕訳
(借)給料 2,750,000
 (貸)従業員貸付金 500,000
 (貸)受取利息 7,500
 (貸)当座預金 2,242,500

 問5は、当座に関する問題です。当座関係の処理に関しては、【当座預金勘定と当座借越勘定を使う2勘定制】と【当座勘定のみを使う1勘定制】の2つが考えられますが、日商簿記検定3級の頻出論点ですので、どちらも必ず押さえるようにしてください。

当座預金勘定と当座借越勘定を使う2勘定制(解答)
(借)仕入 240,000
 (貸)受取手形 100,000
 (貸)当座預金 80,000
 (貸)当座借越 60,000
当座勘定のみを使う1勘定制での解答(参考)
(借)仕入 240,000
 (貸)受取手形 100,000
 (貸)当座 140,000

 第2問は【帳簿組織】からの出題でした。小口現金出納帳の空欄に数字を埋めていくだけの簡単な問題でしたが、費用の分類などでケアレスミスをしてしまった方が多かったようです。

 このような問題が出題された場合は、すぐに解答用紙を埋めにかかるのではなく、下準備をしっかりしてから解答を記入するようにしてください。まずは支出の内訳を分類することになりますが、問題用紙に書き込んでいくのがいいと思います。

 【通信費→つ、交通費→こ、消耗品費→し、雑費→ざ】というように頭文字を簡単に記入していくことをおすすめします。このようにまずきちんと分類することによって、その後のケアレスミスを大幅に減らすことが出来ますので、この作業は必ず行うようにしてください。あとは、分類したものを記入していくだけです。

 なお、実際の本試験では、受入欄と内訳欄の出来が悪かったようです。


 第3問は今回も【試算表】の出題でした。今回は4月末日の合計試算表と5月の期中取引が問題で与えられ、5月末日の残高試算表を作成する問題でしたが、特に難しいところも無く分量も普通でしたので、繰り返し解く問題としては適していると思います。

 頻出する勘定、すなわち現金勘定、当座預金勘定、受取手形勘定、売掛金勘定、支払手形勘定、買掛金勘定、売上勘定、仕入勘定についてT勘定を設定し、あとは仕訳を頭の中で考えて、勘定に数字を記入していくだけです。

 勘定を設定していない仕訳については、解答用紙にそのまま記入するか、問題で与えられている合計試算表に書き込むことになります。私が解答する際に、実際に書いた下書きを載せておきますので参考にしていただければ幸いです。

第3問・試算表作成問題の下書き
第3問・試算表作成問題の下書き

 ピンクのマーカーでラインを引いた部分が、残高試算表に記入すべき数字になります。慣れないうちは大変だと思いますが、この解き方をマスターすれば、下書き用紙に仕訳を切って、それを集計して…というやり方に比べて大幅に時間を短縮することが可能となります。

 まずは私が書いた下書き用紙を参考にしながらT勘定を設定し、実際に数字を記入していってください。


 第4問は【伝票会計】の問題でした。簡単な問題ですのでぜひ満点を狙いたいところです。このような伝票記入の問題はまず仕訳を実際に切ってみましょう。

(借)売掛金 200,000
(借)現金 100,000
 (貸)売上 300,000

 次にこの仕訳を伝票に記入するために分けますが、問題文に【入金伝票の科目欄には売上と記入されている】とありますので、分割法を採用していることが分かります。

振替伝票に記入(解答)
(借)売掛金 200,000
 (貸)売上 200,000
入金伝票に記入
(借)現金 100,000
 (貸)売上 100,000

 ちなみに、分割法ではなく擬制法を採用していた場合、伝票への記入は以下のようになりますのであわせて確認してみてください。

振替伝票に記入
(借)売掛金 300,000
 (貸)売上 300,000
入金伝票に記入
(借)現金 100,000
 (貸)売掛金 100,000

 (2)は仕訳をそのまま解答用紙に記入するだけです。


 第5問は【精算表】でしたが、オーソドックスな問題でしたので特にコメントすることはありません。消耗品の取り扱いや前払い保険料の処理の仕方など、頻出論点については確実に得点できるようにしておいてください。

まとめ

 今回は質・量ともにオーソドックスな問題ばかりでしたので、出来はかなり良かったと思います。これは合格率にも反映されており、45.2%と高い数字になりました。

 今回の問題は、過去問の中でも良質な部類に入りますので、力をつけるために何度も解き直す事をおすすめします。特に第3問は、T勘定を使った下書きの書き方をマスターするのに適した問題だと思います。

 また、今回も過去問と似たような出題がいくつかありました。ある程度、力が付いてきたら過去問を入手して典型論点の問題をこなしておくと合格率が飛躍的に上がると思います。今回、残念ながら不合格だった方も、次の受験前にはぜひ過去問を有効活用して合格を勝ち取ってください。



簿記オフ会のおしらせ
簿記オフ会

 2019年10月26日(土)の夜(18時~)と10月27日(日)の昼(13時~)から東京・渋谷で簿記検定ナビ主催の簿記オフ会を開催いたします。現在参加者募集中です!

 みんなで楽しく気分転換&情報交換しませんか?人見知りする方も管理人がなるべくフォローしますので、ぜひぜひご参加ください!

簿記教材の割引キャンペーン情報
CyberBookStore

 資格の学校TACの直販サイトでは、TAC出版の簿記教材を割引価格(定価の10%~20%オフ)&冊数に関係なく送料無料で購入することができます。

簿記検定ナビの人気コンテンツ

ページの先頭へ