日商簿記検定2級 第114回総評(過去問分析)

第114回の問題は「仕訳→帳簿組織→精算表→費目別→直接」でした!

 第1問は今回もスタンダードな【仕訳】問題でした。問1は株式の発行による当座預金の増加と、新株発行のために支払った現金の仕訳を分けて考えると簡単です。問2は売掛金の貸倒に関する仕訳ですが、以下の仕訳が頭の中に入っているかどうかチェックしてみてください。

当期発生・当期貸倒の場合
(借)貸倒損失 *****
 (貸)売掛金 *****
前期発生・当期貸倒の場合(貸倒引当金を設定している場合)
(借)貸倒引当金 *****
 (貸)売掛金 *****
前期発生・当期貸倒の場合(貸倒引当金を設定していない場合)
(借)貸倒損失 *****
 (貸)売掛金 *****

 問3は仕入の値引・割戻に関する仕訳ですが、仕入値引・割戻勘定が選択肢にありませんので、仕入勘定を使って仕訳を切ることになります。問4は火災が発生したときと、保険金の受け取りが確定したときの2つの段階に分けて考えると簡単です。

火災が発生したとき(既に切っている仕訳)
(借)建物減価償却累計額 2,700,000
(借)火災未決算 2,300,000
 (貸)建物 5,000,000
保険金の受取が確定したとき(解答すべき仕訳)
(借)未収金 1,000,000
(借)火災損失 1,300,000
 (貸)火災未決算 2,300,000

 第2問は【帳簿組織】に関する問題でした。特殊仕訳帳の空欄部分を推定する問題ですが、非常に簡単ですので満点を取りたいところです。

 例えば、当座預金出納帳の売上欄126,000から(a)の空欄が126,000となります。すると、自動的に(b)の空欄が698,000となり、(e)も同じ698,000となり、(f)も芋づる式に2,339,000となります。

 2つの特殊仕訳帳にまたがって記入される取引(二重仕訳となる取引)を理解していれば5分かからずに完答できるはずです。解答するに当たって下書きを書く必要はありません。直接問題文に数字を書き込んでいき、最後に解答用紙に移記するだけです。

 第3問は【精算表作成】の問題でした。量は少し多目ですが、個々の論点の難度は平均的なレベルですので、満点に近い得点がほしいところです。ケアレスミスに気をつけて問題を解くようにしてください。特にコメントすべきところはありません。


 第4問は前回と同様、【費目別原価計算】からの出題でした。このような問題は勘定連絡図をイメージすると仕訳が切りやすくなりますので、迷ったら下書き用紙に勘定の流れを簡単に書いてみるといいでしょう。下の画像は、勘定の流れを簡単にまとめたものですので、よろしければ参考にしてください。

第4問・費目別原価計算の下書き
第4問・費目別原価計算の下書き

 第5問は【直接原価計算】からの出題でした。直接原価計算方式による予定損益計算書を参考にして、解答用紙のブランクを穴埋めする問題です。ブランクの前後の文が大きなヒントになりますので、CVPに関する基礎的な知識があれば高得点が狙えます。特にコメントすることはありません。

まとめ

 今回は、量が多くもなく少なくもなく、また難度も平均的な問題が多かったので基礎がしっかりしている方は順当に合格できた問題だったと思います。合格率は31.8%でした。

 また、今回も過去問と似たような出題がいくつかありました。ある程度、力が付いてきたら過去問を入手して典型論点の問題をこなしておくと合格率が飛躍的に上がると思います。今回、残念ながら不合格だった方も、次の受験前にはぜひ過去問を有効活用して合格を勝ち取ってください。



ページの先頭へ