日商簿記検定2級 第113回総評(過去問分析)

第113回の問題は「仕訳→帳簿組織→本支店→費目別→組別総合」でした!

 第1問は今回もスタンダードな【仕訳】問題でした。問3は法人税等に関する問題ですが、法人税等の還付を受けた場合(=お金が戻ってきた場合)は、還付法人税等勘定で処理し、法人税等の追徴を命じられた場合(=お金が出て行く場合)は、追徴法人税等勘定で処理することになります。

 問5は、仕訳問題で頻出される固定資産の売却に関する仕訳です。今回は直接法による記帳方法が出題されていますが、間接法によった場合に数字がどう変わってくるかも同時に押さえるようにしてください。

 他の回の解説でも何度も書いていますが、異なるのは固定資産(本問では備品)と減価償却累計額の数字のみです。他の勘定科目は直接法であっても間接法であっても数字は同じです。

直接法(解答)
(借)減価償却費 75,000
(借)現金 1,000,000
(借)未収金 2,000,000
(借)固定資産売却損 137,500
 (貸)備品 3,212,500
前期発生・当期貸倒の場合(貸倒引当金を設定している場合)
(借)減価償却累計額 787,500
(借)減価償却費 75,000
(借)現金 1,000,000
(借)未収金 2,000,000
(借)固定資産売却損 137,500
 (貸)備品 4,000,000

 第2問は【帳簿組織】に関する問題でした。特殊仕訳帳から総勘定元帳へ合計転記する際の記帳方法を確認するのにはいい問題です。解答用紙の空欄部分を穴埋めしていく問題ですが、帳簿組織の流れをきちんと理解されている方にとっては簡単な問題でした。特にコメントすることはありません。

 第3問は【本支店会計】の問題でした。未達事項の仕訳、決算整理仕訳を考慮して損益計算書および貸借対照表を作成しますが、平易な内容でしたので特にコメントはありません。

 このような基本的な問題は、下書き用紙を固定させるために何度も解きなおしてみることをおすすめします。その際には、前回の下書きよりもより少ない量の下書きで完答出来るように意識して解くようにすると、無駄のないシンプルな下書きで問題が解けるようになります。


 第4問は【費目別原価計算】からの出題でした。問題文で与えられた資料を費目別に分類して、各勘定の空欄を埋めていく問題ですが、これを完答するのは厳しいと思いますので、分かるところから順番に埋めていく感じでいいと思います。

 分類をひとつでも間違えると、いろんな箇所の数字がおかしくなってしまう問題ですので、あまり神経質にならずに【簡単なところは確実に得点するんだ】という気持ちで取り組んでください。

 素材勘定の【引取費用】【直接材料費】【正常棚卸減耗費】、賃金・手当勘定の【直接労務費】、仕掛品勘定の【直接経費】…これらは比較的簡単に数字を出すことが出来、しかも配点が期待できる箇所でもありますので、ぜひとも正解したいところです。この問題については、上記の5つを正解できれば合格点だと思います。

 この問題の復習についてですが、費用対効果を考えるとあまり深入りする必要はないです。時間が余っている方はもちろん押さえておいたほうがいいですが、時間が無い方は目を通すくらいでも構いません。他の頻出論点の精度をあげる勉強に重点を置いてください。

 第5問は【組別総合原価計算】からの出題でした。加工費について直接作業時間を基準に実際配賦していますので、それに気をつけるだけで他は特に難しいところはありません。いつも通りボックスを書いて数字を埋めていくだけです。

 下の画像は、私が実際に書いた下書きですので、よろしければ参考にしてください。

第5問・組別総合原価計算の下書き
第5問・組別総合原価計算の下書き

まとめ

 今回は、第4問で心が折れてしまった受験生が多かったようです。時間がかかる割りに実りの少ないような問題は最初から部分点狙いのスタンスでもいいと思います。半分ぐらい取れていれば他の問題で十分挽回可能ですので諦めずに粘り強く点数を拾いに行くようにしてください。今回の合格率は30.4%でした。

 また、今回も過去問と似たような出題がいくつかありました。ある程度、力が付いてきたら過去問を入手して典型論点の問題をこなしておくと合格率が飛躍的に上がると思います。今回、残念ながら不合格だった方も、次の受験前にはぜひ過去問を有効活用して合格を勝ち取ってください。



ページの先頭へ