日商簿記検定3級 第112回総評(過去問分析)

第112回の問題は「仕訳→帳簿組織→試算表→伝票会計→精算表」でした!

 第1問は今回も【仕訳】問題でした。問1は一見、難しそうに見えますが、3つに区切って考えると簡単です。仕入のうち300,000円は約束手形を裏書譲渡したわけですから受取手形の減少になり、250,000円は為替手形の振り出しにより得意先に対する債権が減少しますので売掛金の減少になり、残額は掛けとありますので買掛金が発生することになります。

(借)仕入 300,000
 (貸)受取手形 300,000
(借)仕入 250,000
 (貸)売掛金 250,000
(借)仕入 90,000
 (貸)買掛金 90,000

 問5は、訂正仕訳の問題です。このような問題は【①・実際に切った仕訳】→【②・正しい仕訳】→【③・①から②に直すための仕訳】という順番で考えていくと簡単です。本問でも確認してみましょう。

実際に切った仕訳

注文時
(借)前払金 50,000
 (貸)現金など 50,000
仕入時
(借)仕入 500,000
 (貸)支払手形 400,000
 (貸)買掛金 100,000

正しい仕訳

注文時
(借)前払金 50,000
 (貸)現金など 50,000
仕入時
(借)仕入 500,000
 (貸)支払手形 400,000
 (貸)買掛金 50,000
 (貸)前払金 50,000
正しい仕訳に直すための訂正仕訳(解答)
(借)買掛金 50,000
 (貸)前払金 50,000

 第2問は【帳簿組織】からの出題でした。問題文で与えられた仕入帳と売上帳から商品有高帳を作成するというもので、難度的にはやや高めの問題だったと思います。

 このような問題が出された場合はまず、問題文の日付のところに時系列順に番号を付すようにしてください。具体的には、11月12日の下に①、11月16日の下に②、11月18日の下に③…というような感じです。このような番号を付すことによって、処理の順番を間違えるといったケアレスミスを防ぐことが出来ます。

 商品有高帳に書き始めたはいいが、前の日付の処理を見落としていて、全部書き直し…なんてミスは結構あると思います。試験で緊張している状態ならなおさらですので、練習のときからこのようなクセをつけてください。

 あとは、商品有高帳の作成ルールに従って記入していくだけですが、仕入戻しと売上値引の取り扱いには注意が必要です。仕入戻しは問題文に【払出欄に返品した商品の仕入単価で記入する】との指示がありますので、返品後の平均単価を再計算を忘れないようにしてください。

 また売上値引は、売上の利益部分を差し引くものですから、仕入原価に変動はありません。従って、売上値引・割戻は商品有高帳に記入しないことになります。売上値引の取り扱いは商品有高帳の頻出論点ですので、必ずマスターするようにしてください。

 先入先出法(FIFO)については商品有高帳を記入する必要は無く、売上・売上原価・売上総利益を解答するのみです。このような場合は、自分で簡単なボックスを作って数字を埋めていく方法がいいと思います。私が解答する際に、実際に書いた下書きを載せておきますので参考にしていただければ幸いです。

第2問・帳簿組織の下書き
第2問・帳簿組織の下書き

 期末の20枚×@2,300円というのは先入先出法の仕組みを理解していればすぎに導き出すことが出来ます。先入先出法は古いものから順次、払出しが行われると仮定して計算する方法ですから、期末商品棚卸高は一番最後に仕入れた商品ということになります(一番最後に仕入れた商品数>期末に残る商品の場合)

 最後に仕入れた商品は11月24日分ですので、期末商品棚卸高はこれらの単価を使って計算すればいいわけです。これで、期首商品棚卸高と当期商品仕入高期末商品棚卸高が確定しましたので、差額で売上原価を算定することが出来ます(本問では143,500円)


 第3問は今回も【試算表】の出題でした。仕訳の二重計上に気をつけて解くだけの問題です。私が解答する際に、実際に書いた下書きを載せておきますので参考にしていただければ幸いです。

 当座預金、現金、売掛金、買掛金、受取手形、支払手形、売上、仕入、支払家賃、支払利息についてはT勘定を用意してそこに数字を書き込んでいきます。その他の勘定科目については問題用紙の期首貸借対照表か、またはそのまま解答用紙の合計残高試算表に記入していきます。

 ピンクのマーカーで囲んだ部分が、合計残高試算表に記入すべき数字になります。借方合計、貸方合計の記入が必要な場合は、このようにT勘定を使うと分かりやすくていいのではないかと思います。慣れてきたらピンクのマーカーで囲んだ部分は書き込まずに、直接、解答用紙に書き込むようにするとより時間を短縮することが出来ます。

第3問・試算表作成問題の下書き
第3問・試算表作成問題の下書き

 第4問は【伝票会計】の問題でした。(1)(2)ともに実際に仕訳を切ってみて、答案用紙を埋めていきます。簡単な問題ですので満点を取りたいところです。


 第5問は【精算表】でした。ボリューム、難度ともに平均的な問題ですので、ケアレスミスに注意して解いていくだけです。

まとめ

 前回の第111回はボリュームが多く、合格率21.9%と低い数字でしたが、今回はオーソドックスな問題でしたので出来は良かったようです。合格率は46.4%でした。

 前回の総評にも書きましたが、総合問題を解く際は、常にスピードを意識して解くようにすると力が伸びると思います。あと、下書き用紙に仕訳を書かずに解いていく方法を身につければ、今回の第3問のような問題では大きな時間的アドバンテージを得ることが出来ます。良問を何度も繰り返し解いてください。

 また、今回も過去問と似たような出題がいくつかありました。ある程度、力が付いてきたら過去問を入手して典型論点の問題をこなしておくと合格率が飛躍的に上がると思います。今回、残念ながら不合格だった方も、次の受験前にはぜひ過去問を有効活用して合格を勝ち取ってください。



ページの先頭へ