日商簿記検定2級 第111回総評(過去問分析)

第111回の問題は「仕訳→帳簿組織→本支店→部門別→等級別」でした!

 第1問は今回もスタンダードな【仕訳】問題でした。問1は有価証券の売却の問題で特に難しくありませんが、問題文に【売買手数料は、有価証券売却損益に加減して処理すること】とありますから注意してください。

 問3は固定資産の除却の問題ですが、固定資産の取得原価を自分で計算する必要があります。具体的には、取得原価をXと置いて【取得原価-減価償却累計額=当期首の帳簿価額】の式を作ることになります。下の画像は、それを簡単にまとめたものなので、よろしければ参考にしてください。

固定資産の除却の下書き
固定資産の除却の下書き

 なお、直接法で処理した場合と間接法で処理した場合で異なるのは、固定資産の勘定と減価償却累計額勘定のみで、他の勘定科目の金額に影響はありませんので、よく分かっていない方はもう一度テキストに戻って復習するようにしてください。

直接法(解答)
(借)減価償却費 45,000
(借)貯蔵品 15,000
(借)固定資産除却損 55,000
 (貸)備品 115,000
間接法(参考)
(借)減価償却累計額 135,000
(借)減価償却費 45,000
(借)貯蔵品 15,000
(借)固定資産除却損 55,000
 (貸)備品 250,000

 第2問は【帳簿組織】からの出題でしたが、手のかかるやっかいな問題でした。ただ、帳簿の下書きを定型化している方にとっては、問題文の注意事項に気をつけながら数字を当てはめていくだけの作業ですので、ぜひこの問題を使って下書きの定型化をマスターして欲しいと思います。

 まず問題文の資料Bと資料Dの空欄部分を埋めていきましょう。問題文の他の仕訳帳や解答用紙から金額を推定していきます。まずこの作業を確実に行ってください。

 では次に下書き用紙の書き方についてご説明します。まず、下書き用紙を横長の状態にして4つの区分に区切ってください。

 左から【普通仕訳帳に記入された仕訳】【当座預金出納帳に記入された仕訳】【仕入帳および売上帳に記入された仕訳】【受取手形記入帳および仕入手形記入帳に記入された仕訳】という順番になります。

第2問・帳簿組織の下書き1
第2問・帳簿組織の下書き1

 では実際に仕訳を書き出していきましょう。この際にいくつかルールがありますので、それを守って書き出してみてください。ルールは以下の通りです。

  1. 特殊仕訳帳(当座預金出納帳・売上帳・仕入帳・受取手形記入帳・支払手形記入帳)に記入される仕訳のうち、普通仕訳帳を通さずに総勘定元帳に個別転記する勘定についてはアンダーラインを付す
  2. 普通仕訳帳と特殊仕訳帳(当座預金出納帳・売上帳・仕入帳・受取手形記入帳・支払手形記入帳)に記入される仕訳のうち、他の特殊仕訳帳の親勘定となる勘定については二重仕訳を回避するために()で括る。一部当座取引の二重仕訳となる勘定も同じく()で括る
  3. 仕訳を書き出していく際には、諸口勘定を使わずに、内訳をきちんと書く

 ルールに沿って書き出していくと以下のような下書きが出来上がります(スペースの便宜上、下書き用紙を2枚に分けています)

第2問・帳簿組織の下書き2
第2問・帳簿組織の下書き2
第2問・帳簿組織の下書き3
第2問・帳簿組織の下書き3

 ここまではよろしいでしょうか?え?よろしくない?そうです。下書き用紙には数字が記入済みですが、おそらく皆さんに作っていただいている下書き用紙には(借)仕入(貸)当座預金の仕訳(二重仕訳)の金額が埋まっていないと思います。それでは、今からその数字を推定してみたいと思います。

 問題文に【当月の二重仕訳金額控除は、1,778,000円である】と書かれていますので、他の二重仕訳金額の合計を控除すれば、残額がここで求めたい(借)仕入(貸)当座預金の仕訳(二重仕訳)の金額となりますよね。

 二重仕訳金額の算定に当たっては図を書きま…せん。先ほど書き出した下書き用紙から数字を拾ってくるだけで二重仕訳金額を算定することが出来るのです。

二重仕訳金額=【普通仕訳帳に記入された仕訳のうち()で括った金額】+【仕入帳および売上帳に記入された仕訳のうち()で括った金額

または

二重仕訳金額=【当座預金出納帳に記入された仕訳のうち()で括った金額】+【受取手形記入帳および仕入手形記入帳に記入された仕訳のうち()で括った金額

 では本当にそうなるか実際にチェックしてみましょう。【普通仕訳帳に記入された仕訳のうち()で括った金額】は100,000+109,000=209,000円です。

 また、【仕入帳および売上帳に記入された仕訳のうち()で括った金額】は133,000(←本当はまだ分からない数字)+476,000+266,000+694,000=1,569,000円ですので、合わせると1,778,000円となります。

 【当座預金出納帳に記入された仕訳のうち()で括った金額】は266,000+133,000(←本当はまだ分からない数字)+100,000+109,000=608,000円です。

 また、【受取手形記入帳および仕入手形記入帳に記入された仕訳のうち()で括った金額】は694,000+476,000=1,170,000円ですので、合わせるとこちらも1,778,000円となります。

 このような方法で二重仕訳金額控除を算定できますので、ぜひ覚えておいてください。ここまで出来たらあとは解答用紙の試算表に集計していくだけの作業になります。

 第3問は【本支店会計】の問題でした。未達事項の仕訳、決算整理仕訳を行ったうえで、これらを決算整理前残高試算表の金額に加減し、本店勘定と支店勘定を合算させて、1つの損益計算書と貸借対照表を作成する問題です。平易な内容でしたので特にコメントはありません。


 第4問は【部門別原価計算】からの出題でしたが、非常に簡単なのでぜひとも満点を狙いたい問題です。こちらも特にコメントはありません。

 第5問は【等級別総合原価計算】からの出題でした。等級製品の完成品単位原価を算定する際に、生産量に等価係数を掛けて算定した積数を使わずに生産量を使う、というポイント以外は特にひっかかる箇所は無かったと思いますが、私がまとめたものを載せておきますので、よろしければ参考にしてみてください。

第5問・等級別原価計算の下書き1
第5問・等級別原価計算の下書き1
第5問・等級別原価計算の下書き2
第5問・等級別原価計算の下書き2

まとめ

 今回は、第2問に嵌らずに解けたかどうかが合否を左右したのではないでしょうか。

 内容自体は難しくないものの、処理に非常に時間がかかってしまう問題でしたので、この問題は一番最後に解くべきだと思います。他の問題は質・量ともに平均的なレベルでしたので、まずこれらの問題を解答した上で第2問に戻る、というのがベターでしょう。合格率は33.2%でした。

 また、今回も過去問と似たような出題がいくつかありました。ある程度、力が付いてきたら過去問を入手して典型論点の問題をこなしておくと合格率が飛躍的に上がると思います。今回、残念ながら不合格だった方も、次の受験前にはぜひ過去問を有効活用して合格を勝ち取ってください。



ページの先頭へ