日商簿記検定2級 第110回総評(過去問分析)

第110回の問題は「仕訳→伝票会計→財務諸表作成→個別→標準」でした!

 第1問は今回もスタンダードな【仕訳】問題でした。問2は予約販売に関する仕訳ですが、予約金の前受時の仕訳を下書き用紙に書き出してみると正解がおのずと見えてきます。

予約金前受時の仕訳
(借)現金など 1,575,000
 (貸)前受金 1,575,000
解答すべき仕訳
(借)前受金 1,260,000
 (貸)売上 1,260,000

 問4は社債の満期償還の問題ですが、すぐに仕訳をイメージできない人は、【金利調整差額の償却】【社債の償還】【利息の支払】の3つに分けて仕訳を考えることをおすすめします。

 問5は固定資産の除却の問題です。本問は間接法により処理されていますが、直接法で処理している場合の仕訳はすぎに浮かんできますか?すぐにイメージできなかった方はもう一度、テキストに戻って確認するようにしてください。

 第2問は【伝票会計】からの出題でした。問題文の伝票から仕訳を起こし、解答用紙の仕訳日計表を完成させ、最後に総勘定元帳への転記を行います。帳簿の問題が出題された場合は、まず取引の流れを確認することを忘れないようにしてください。

 総勘定元帳の摘要欄の記入についてですが、本問では仕訳日計表を使用していますので、【仕訳日計表】と記入します。ただし、補助元帳へはすべて個別転記されますので、相手勘定名または伝票名を記入します。

 第3問は【損益計算書作成】の問題でした。本問では貸借対照表の作成は求められていませんから、資産・負債・純資産科目の集計は不要です(仕訳自体は必要)

 未処理事項に特殊商品売買の論点が絡んできますが、内容自体は平易なものですので、落ち着いて取り組めば特に問題なかったと思います。特にコメントはありません。


 第4問は【個別原価計算】からの出題でしたが、非常に簡単なのでぜひとも満点を狙いたい問題です。下の画像は、私が問1を解く際に実際に書いた下書きですので、よろしければ参考にしてください(勘定連絡図は説明のために詳しく書いたものですので、実際に下書きする場合にはもっと省略して書きます)

 勘定連絡図を正確にイメージできれば、このような問題は簡単に解くことが出来ますので、工業簿記の問題を解く際は、原価の流れを常に意識するようにしてください。

第4問・個別原価計算の勘定連絡図
第4問・個別原価計算の勘定連絡図

 第5問は【標準原価計算】からの出題でした。問1で月次損益計算書を作成し、問2で標準製造原価差異分析表を作成しますが、特に難しいところはなかったと思います。しかも問2については、解答用紙に差異の内訳の一部が記入されていますので、差異の計算を大幅にカットすることが可能でした。

 例えば、材料価格差異は、解答用紙にすでに記入済みの直接材料費総差異から材料数量差異を控除するだけで簡単に求められますし、予算差異についても製造間接費総差異から解答用紙にすでに記入済みの能率差異・操業度差異を控除するだけで簡単に求められますので、製造間接費総差異の金額が分かった時点で生めることが出来ます。

 各差異の合計金額と総差異の金額は一致するという当たり前のことが分かっていれば、短時間で満点が狙えるボーナス問題でしたので、それに気付くことが出来なかった方は、もう一度テキストに戻って復習するようにしてください。

まとめ

 今回は、問われ方がいつもと違うような出題が見受けられましたが、出題レベル自体は平均的なレベルだったと思います。見たことのないような問題が出題された場合は、すぐに諦めるのではなくじっくり時間をかけて取り組むようにしてください。

 今回の第5問のように、解答用紙にヒントが与えられている問題がありますので、問題を解答する際は、問題文だけでなく解答用紙にも必ず目を通すクセをつけてください。今回の合格率は40.8%でした。

 また、今回も過去問と似たような出題がいくつかありました。ある程度、力が付いてきたら過去問を入手して典型論点の問題をこなしておくと合格率が飛躍的に上がると思います。今回、残念ながら不合格だった方も、次の受験前にはぜひ過去問を有効活用して合格を勝ち取ってください。



ページの先頭へ