出題傾向・過去問を徹底分析

日商簿記検定の出題傾向・過去問を徹底分析します!

 出題傾向や過去問を分析することは非常に有意義なことですが、イマイチやり方がよく分からないという方もいらっしゃると思います。

 そこで、簿記検定ナビでは過去の出題状況を洗い出し、その傾向を探るとともに、過去問を解くうえでのポイントなどを指摘させていただくことにしました。

 下のリンクの「過去問分析」というのは、過去の出題分野を表形式でまとめて分析しています。日商簿記検定を初めて受験される方は、このページでおおまかな傾向を押さえてください。

 「各回ごとの総評」は管理人が試験問題を実際に解いてみて思ったことや、解答テクニックやポイントなどをまとめたものです。

 管理人の下書き画像を掲載しているページもありますので、下書きの書き方で悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

簿記3級の出題傾向・過去問分析

 簿記3級については、過去に出題された問題がほとんど同じような形で出題されることが多々あるので、過去問対策が非常に効果的です。

 全5問のうち、第1問の仕訳問題(20点)、第3問の試算表作成問題(30点~32点)、第5問の精算表作成問題(30点~32点)の配点が高くなっているので、過去問対策をする場合は、まずこの3つから手をつけるようにしましょう。

 なお、第1問の仕訳問題については、仕訳問題対策(3級)のページで簿記検定ナビオリジナルの仕訳問題(PDF形式)を無料配布しています。通勤・通学時の細切れの時間やお昼休みの10分、20分のちょっとした空き時間を有効活用しましょう。

 勉強形態については、専門学校の通学講座・通信講座を受講して勉強するのもアリですが、簿記3級であれば独学でも十分合格可能です。

簿記3級の過去問分析ページ一覧

簿記2級の出題傾向・過去問分析

 簿記2級については、3級ほどではありませんが過去に出題された問題がほとんど同じような形で出題されることがよくあるので、3級と同様に過去問対策が必須です。

 全5問の配点については、基本的にはすべて20点ずつの配点になっているので、第1問から第5問まで満遍なく対策をする必要があります。

 なお、第1問の仕訳問題については、3級と同様に仕訳問題対策(2級)のページで簿記検定ナビオリジナルの仕訳問題(PDF形式)を無料配布しています。通勤・通学時の細切れの時間やお昼休みの10分、20分のちょっとした空き時間を有効活用しましょう。

 勉強形態については、専門学校の通学講座・通信講座を受講して勉強するのもアリですが、簿記2級までは独学でも十分合格可能です。

 なお、最近は「独学」と「通信講座」の良いとこどりをしたTACの【独学道場】も人気です。独学道場の詳細については、「独学」と「通信」の良いとこどり!独学道場の詳細レビューページをご覧ください。

簿記2級の過去問分析ページ一覧

簿記1級の出題傾向・過去問分析

 簿記1級については、3級や2級とは比べものにならないほど難度が上がります。

 また、3級や2級が絶対評価の試験(70点以上取れば合格)なのに対して、1級は相対評価の試験(点数基準ではなく上位10%だけ合格)ですし、ライバルが税理士・公認会計士受験生になるので、生半可な気持ちで挑戦しても合格することは出来ません。

 勉強形態については、広い試験範囲の勉強を独学でやるのはかなり大変なので、専門学校の通学講座・通信講座を受講して勉強することをおすすめします。

簿記1級(商会)の過去問データ

簿記1級(工原)の過去問データ

簿記オフ会のおしらせ
簿記オフ会

 2018年1月27日(土)の18時から、東京・渋谷で簿記検定ナビ主催の簿記オフ会を開催いたします。現在参加者募集中です!

 みんなで楽しくご飯を食べながら、気分転換&情報交換しませんか?人見知りする方も管理人がなるべくフォローしますので、ぜひぜひご参加ください!

簿記教材の割引キャンペーン情報
CyberBookStore

 資格の学校TACの直販サイトでは、TAC出版の簿記教材を割引価格(定価の10%~20%オフ)&冊数に関係なく送料無料で購入することができます。

簿記検定ナビの人気コンテンツ

ページの先頭へ